menu
   
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス) | 銀座・新宿・恵比寿・横浜・名古屋・京都

       
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス)銀座新宿恵比寿横浜名古屋京都
       

ninshin_akachan_onaka

「妊娠中に肌質が変わり、普段できないニキビができてしまった…」という女性は多いもの。

実は妊娠中は肌質が変わりやすく、個人差はありますがニキビをはじめとする様々な肌トラブルが起こりやすい時期です。

そして妊娠中の肌の特徴を知った上でケアをしないと、色素沈着が起こってニキビ跡が残ってしまうことも。

妊娠中のニキビを防ぎ、ニキビを悪化させないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

妊娠中にニキビができやすい理由

ホルモンバランスの作用

妊娠中は「女性ホルモンのシャワーを全身で浴び続けるようなもの」と言われることがありますが、妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが活発に分泌されます。

中でも生理前に活発に分泌されることで知られるプロゲステロンは皮脂の分泌を促進し、毛穴を詰まらせてニキビの原因になることがあります。

妊娠中に皮脂が過剰に分泌されることによって顔のニキビだけでなく、背中や胸のあたりにニキビができる人も多くいます。

偏食や赤ちゃんの成長による栄養素の偏り

妊娠初期は食べ物の好みの変化が表れやすく、普段は好き嫌いがない人でも偏食が起こることがあり、ビタミンやミネラル不足になりやすい傾向にあります。

またミネラルや栄養素がお腹にいる赤ちゃんに注がれ、お母さんの肌にまで届かないことも。

妊娠中のニキビの予防法

大人ニキビ専用のニキビケア商品を使う

ニキビに限らず妊娠中の肌は刺激に弱く、乾燥肌や敏感肌になる人もいます。

そのためスキンケア商品は刺激の少ないノンケミカルのものや無添加のものを選びましょう。

匂いに敏感になりやすい時期でもあるので、無香料のものがおすすめです。

ニキビに悩まされる場合は大人ニキビ専用のノンコメドジェニックの表示のあるものが適しているでしょう。

十分な睡眠や適度な運動を取り入れる

妊娠中はホルモンバランスの影響もあり、ストレスを受けやすかったり心が不安定になったりしがちな時期。

お腹にいる赤ちゃんのためにもストレスケアを積極的に行いたいところです。

また妊娠中は運動不足になりやすい人も多く、マタニティヨガや散歩など適度に身体を動かすことも大切です。

6~7時間程度の十分な睡眠や友人とのおしゃべり、毎日のストレッチなど身も心もリラックスできる時間を作るようにしましょう。

日焼け止めや化粧品はニキビを悪化させないものを

妊娠中は皮膚の色素沈着が起こりやすいため、普段以上にニキビ跡ができやすいことをご存知でしたか?

ニキビ跡化しないよう、外出時は日焼け止めやUVカット効果のあるファンデーションを塗るようにしましょう。

ニキビができやすい人の日焼け止めについてはこちらの記事もご参考ください。

また毛穴が詰まりやすいリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは避け、パウダータイプかオイルフリーのものを選びましょう。

まとめ

妊娠中にニキビができやすくなると、「体質が変わってしまった」と悩む女性も多くいます。

しかし出産後は女性ホルモンも安定して元の肌質に戻ることが多く、それほど心配はいりません。

妊娠中に適したニキビケアはスキンケアだけでなく、生活習慣を整えることも大切です。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母さんのニキビケアのためにもぜひご紹介した方法を試してみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

大人ニキビについて

大人大人ニキビは、主に20代以降に発生するニキビを言います。

成長と共にホルモンバランスが整い、自然に治る思春期ニキビとは違い、適切なケアを行わなければ、完治しても直ぐに再発してしまう恐れや、歳と共に衰える新陳代謝が原因で、大人ニキビは治るまでに時間がかかると言われています。

大人ニキビができる原因は様々で、例えば過剰なメイク、生活習慣の乱れ、喫煙・飲酒、ストレス、紫外線、偏った食生活などが挙げられます。

特にストレスや睡眠不足、偏った食生活は肌の新陳代謝や、肌が生まれ変わりを意味する「ターンオーバー」のリズムを崩し、ニキビが治りにくくなり、最悪の場合はニキビ跡が残ったり、クレーター肌へと繋がってしまうのです。

これが「大人ニキビ」です。

大人ニキビの特徴

大人ニキビは、乾燥しやすい顎の先から、両頬全体までのU字型エリアを指す「Uゾーン」と呼ばれる場所にできやすいのが特徴です。

過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビとは違い、大人ニキビは喫煙・ストレス・食生活の乱れといった、様々な理由で起こるターンオーバの遅れが原因です。

その為、肌の水分保持が正常に行われず、ニキビが完治するまで長い時間が掛かる、再発、ニキビ跡やクレーター肌になりやすいといった、様々なデメリットを引き起こします。

大人ニキビを治すのであれば、薬や化粧品に頼るよりも、自身の生活を見直し、バランスの良い生活を送る事が効果的です。

また、乾燥肌になりやすいと言われている冬の時期は、大人ニキビが非常に発生しやすい時期です。

理由は、夏に紫外線から肌を保護するために厚くなった角質が、冬の時期に乾燥し、肌トラブルを引き起こしやすいからです。

大人ニキビを防ぐ

大人ニキビのケア方法はとにかく「ニキビができづらい肌」を作る事が大切です。

普段の生活をしっかり見直すことで、ニキビができづらい肌を作り出す事は可能です。

飲酒を控える

304859アルコールには皮膚の新陳代謝を促進させる・肌の老化を防ぐビタミンB群を分解してしまいます。

また、ほとんどの物質を代謝する働きを持つ「肝臓」に負荷を与える事で、代謝機能を低下させてしまいます。

もちろん、肌代謝も例外ではありません。

禁酒までする必要はありませんが、大量の飲酒は控えた方が良いでしょう。

喫煙はNG

145565タバコには、栄養素や老廃物を運ぶ血管を収縮させる働きがあり、血管収縮が原因で血液の流れが悪くなった体は、栄養素が吸収されず、老廃物だけを体内に残すようになります。

その他、タバコは皮脂を酸化させ、毛穴を詰まらせやすくする働きを持つ活性酸素を大量発生させるだけではなく、その活性酸素を分解する働きを持つビタミンCを大量消費してしまいます。

タバコが原因でニキビに悩む人も少なくはありません。

ビタミンBを摂る

088911大人ニキビが発生する原因の多くは、新陳代謝の衰えですので、新陳代謝を促進するビタミンBが非常に効果的と言えるでしょう。

ビタミンBを多く含む初期品はレバー・卵・乳製品・納豆などです。

これと同時に活性酸素の分解や、シミ改善、紫外線防止の働きを持つビタミンCを含む緑黄色野菜・果実などを採れれば尚良いでしょう。

触らない!潰さない!

触るニキビを潰し、膿や皮脂のみを摘出する事ができれば完治までの期間が早まるといった例がありますが、それをセルフケアで行うのはほぼ不可能です。

ほとんどの場合は、毛穴周辺を傷つけニキビを悪化させてしまう、増やしてしまうという最悪の結果を招いてしまいます。

また、雑菌の多い手でニキビを潰してしまった場合、雑菌が炎症を悪化させクレーター肌などのニキビ跡を引き起こしかねませんので、原則ニキビは潰さず、触らないようにするのが良いでしょう。

スマートフォンでよく電話する人は注意!

395241

毎日手で触れ、電話の際は顔に当てる訳ですから、定期的にスマートフォンには雑菌の餌となる水分や皮脂が付きます。

また、ポケットに入っている時間が多いので、雑菌にとって最適な温度に保たれ、スマートフォンの画面で多くの雑菌が増殖します。

日ごろスマートフォンで電話する人は、それがニキビの原因となっている可能性もありますので、肌のケアだけではなく、スマートフォンを定期的に、殺菌する必要も重要になります。