menu
   
ニキビ専門サロン「oliss(オリス)」 | 銀座・新宿・恵比寿・横浜・名古屋

       
ニキビ専門サロン「oliss(オリス)」銀座新宿恵比寿横浜名古屋
       

コーヒーはニキビの原因?

 Category:ニキビケア Tags:, ,

コーヒーとニキビの関係

コーヒーコーヒーが肌に悪影響を与え、ニキビを発症させてしまう要因になってしまうという事を聞いた事がある人は多いのではないでしょうか?

確かに、コーヒーに含まれる成分が肌に悪影響を及ぼすのですが、一日に2~3杯程度であれば特に問題はありません。

しかし、仕事中に缶コーヒーなどを飲み過ぎると、ニキビが発症してしまう原因となる可能性がありますので、ニキビ肌の方は注意して下さい。

コーヒーがニキビを発症させる原因

仕事中の一服や、朝の眠気覚ましとしてコーヒーを飲む方も多いかと思いますが、飲み過ぎてしまうと、ニキビを発症させる間接的な原因となりえる場合があります。

特に、糖分を多く含む缶コーヒーは、肌に大きな負担となることも。

糖分を含まないブラックコーヒーなら大丈夫なのでは?と疑問を抱く人もいるかと思いますが、実は糖分を含んでいないものでも、ニキビを発症させてしまう可能性があるので、ニキビ肌の方は飲み過ぎないようにしましょう。

コーヒーがニキビを発症させてしまう理由は、主に以下のものが挙げられます。

1.利尿作用によるビタミン不足

カフェインがもつ利尿作用は非常に強く、尿とともにビタミンやミネラルを排出してしまい、肌を健康に保つビタミンが不足する状態に陥れてしまう場合があります。

利尿作用によって排出されやすい成分は、主にビタミンBやビタミンCです。

ビタミンBには、皮脂の分泌量を調整する作用や肌細胞の生成を促進させる作用がある為、これが不足してしまうと、毛穴詰まりやターンオーバーが乱れたニキビの出来やすい肌に。

また、ビタミンCには酸化による炎症を抑える抗酸化作用があるため、不足してしまうと炎症を伴いやすいニキビが発症してしまいやすくなってします。

コーヒー一杯程度のカフェインでビタミン不足に陥るという可能性は極めて低いですが、常日頃コーヒーを飲んでいる方や、一日に3杯以上は飲んでいるという方は、摂取量を抑えるようにしましょう。

2.コーヒーに入っている糖分

ブラックコーヒーしか飲まないという方は、特に気にする必要はありませんが、糖分が含まれた缶コーヒーをよく飲むという方は注意が必要です。

缶コーヒーに含まれる糖分量は非常に多く、その糖分が原因で体内のビタミンBが大量に消費され、それが原因でニキビが発症してしまうという事も少なくありません。

ビタミンBは、ニキビの出来にくい肌を作るのには欠かせない成分ですので、缶コーヒーに多く含まれる糖分には注意して下さい。

3.覚醒作用による自律神経の乱れ。

脳を覚醒させる働きを持つカフェインを多く摂取すると、交感神経が優位となる時間が長くなり、自律神経が乱れてしまう場合があります。

交感神経は、皮脂分泌量を促す男性ホルモンを刺激する働きがある為、これが優位になってしまうと皮脂の過剰分泌によるニキビが多発しやすくなってしまうのです。

もちろん、副交感神経が働く睡眠時間前はカフェインを避けるといった対策も重要ですが、あまり大量に摂取すると、それが例え朝でも昼でも睡眠に障害が生じ、自律神経失調となってしまいますので、過剰摂取は避けるようにしましょう。

4.コーヒー用の加工ミルクに含まれる成分

コーヒーの苦みを抑えたり、甘味を加えたりするのに配合されているミルクの中には、牛乳と成分が全く異なる加工ミルクを使用しているものが多くあり、ニキビに悩んでいる方は要注意です。

加工ミルクは、体に悪影響を与える「トランス脂肪酸」を含めた、多くの添加物を含んでおり、これらは体内で代謝されにくく、老廃物や毒素として残ってしまう事も。

このような老廃物や毒素はビタミンを多く減少させてしまう厄介なものですので、これらが溜まると肌の新陳代謝が低下し、結果としてニキビが発症しやすい状態となってしまうのです。

特に、加工ミルクは缶コーヒーに多く含まれている傾向にありますので、注意しましょう。

ニキビ肌の方にお勧めのコーヒー

コーヒーが好きな方にとっては、ニキビが発症しやすくなるから飲んではいけないとなると辛いですし、ストレスにもなってしまうのではないでしょうか?

一日1~2本程度であれば、肌に影響が及ぶという可能性は極めて低いのですが、それでも気になるという方は、肌に悪影響を及ぼす事のないコーヒーを選ぶことをお勧めします。

肌への悪影響が少ないコーヒーは以下のようなものが挙げられます。

1.カフェインレス(デカフェ)

カフェインレスとは、その名の通り飲料物からカフェインを取り除いたものを指し、コーヒーの場合は「カフェインレスコーヒー」や「デカフェコーヒ」などと呼ばれています。

もちろん、カフェインレスでもしっかりとコーヒー豆から作られている為、味に変化はありません。

その上、ビタミンを不足し肌の新陳代謝を低下させる利尿作用や、自律神経を乱す覚醒作用もありませんので、ニキビに悩むコーヒー好きの方はお勧めです。

2.ソイラテ

コーヒーに多くのミルクを入れて飲むのが好きという方にはソイラテがお勧めです。

ソイラテとは、ミルクに代えて温めた豆乳を加えたものを指し、加工ミルクや脂肪酸によるニキビ発症の影響を防ぐ事ができます。

また、豆乳にはホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰分泌を抑えるイソフラボン、肌の新陳代謝を助けるビタミンB群といったニキビケアに効果的な成分を多く含んでいる為、普段飲んでいるコーヒーに豆乳を取り入れてみて下さい。