menu
   
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス) | 銀座・新宿・恵比寿・横浜・名古屋・京都・大阪本町・福岡天神

       
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス)銀座新宿恵比寿横浜名古屋京都大阪本町福岡天神
       

思春期ニキビについて

 Category:思春期ニキビ Tags:

思春期ニキビについて

思春期思春期ニキビとは、その名の通り10~18歳の思春期に発生しやすいニキビです。

思春期は、心身共に子供から大人へと変化していく期間の事を言い、その変化の一つとして挙げられるのが「男性ホルモンの増加」です。

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂が詰まることによって発生する炎症と言われていますが、この皮脂を生成しているのは男性ホルモンです。

これは、男女共に共通して言えることです。

心身の変化により増加した男性ホルモンは、皮脂腺を刺激し、皮脂分泌量を急激に増加させます。

その結果、急激に増加した皮脂が毛穴を塞ぐ角栓となり、炎症を引き起こします。

これが「思春期ニキビです」

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは、皮脂分泌量が多い髪の毛の生え際から鼻までのT字型エリアを指す「Tゾーン」、その他「背中」「胸元」などに多く発生するのが特徴です。

思春期が過ぎると共にホルモンバランスが整い、過剰な皮脂分泌も正常に戻る事で思春期ニキビは消えるので「昔はあんなにニキビだらけだったのに、大人になったら嘘のように消えた」という人も少なくないでしょう。

このように、思春期ニキビは自然完治する事がほとんどです。

しかし、思春期にできてしまったニキビが原因でできるニキビ跡やクレーター(ニキビによってできる肌の凹み)は、思春期が過ぎても残ります。

思春期が終われば治るからといって、特にケアも行わず放っておくと、思春期終了後にニキビ跡やクレーターに悩まされる可能性が高いです。

思春期ニキビのケア

思春期ニキビの最も効果的なケア方法は、増加した皮脂をこれ以上増加させないという点です。

思春期ニキビは治りやすいと言われているニキビですので、自身の生活を見直す事で思春期ニキビの増加を防ぎ、完治までの期間を縮める事ができるでしょう。

朝晩2回の洗顔

214394洗顔は、顔に付いた皮脂、ほこり、雑菌を落とすのに効果的ですが、洗い過ぎは乾燥肌を招き、紫外線から肌を守る角質のバリア機能が低下してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

夜の洗顔は、お風呂に浸かった後に行うのが効果的です。

お湯に10分ほど浸かる事で毛穴が開き、毛穴に残った汚れや皮脂を洗顔で落としやすくなります。

肌に浸透しやすいニキビ用の洗顔料を使用する事で、洗顔の効果を大幅に上げる事が出来るでしょう。

適切な睡眠時間

290926睡眠不足は、体が活発に活動している時に作用する交感神経を優位に働かせます。

交感神経は、男性ホルモンを活発化させ、皮脂分泌増加へと繋げてしまうため、睡眠不足はニキビ発生、増加への原因となるでしょう。

思春期ニキビを治すのであれば、肌の再生が活発化する午後10時から午前2時の間を挟んで、最低でも7時間以上の睡眠をとる事が、最も思春期ニキビに効果的な睡眠と言えます。

ストレス発散をしよう

名称未設定ストレスは交感神経を活発化させ、男性ホルモン増加の原因となりますので、運動や好きな事で発散する事は、ニキビに効果的と言えます。

しかし、ストレスを発散する為に、脂分の多いお菓子や、食事を多く取るというのは避けてください。

ストレス発散で望ましいのは、汗を流す運動です。

汗は毛穴の汚れを一緒に洗い流してくれる働きがありますので、ストレスも発散でき、毛穴の汚れも落とす事ができるので、思春期ニキビには非常に効果的です。