menu
   
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス) | 銀座・新宿・池袋・恵比寿・横浜・名古屋・京都・大阪本町・福岡天神

       
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス)銀座新宿池袋恵比寿横浜名古屋京都大阪本町福岡天神
       

紫ニキビとは

紫ニキビ紫ニキビとは、炎症によってできた膿と血が混ざりあって、赤紫色に滲んでしまった状態のニキビを言い、「嚢腫(のうしゅ)」や「結節性ニキビ」とも言われています。

人によっては激しい痛みを感じる場合もあり、かなりごつごつとした硬いしこりが肌周辺、またはニキビの中心部に発生しているのが特徴です。

この状態まで悪化したニキビは、真皮層や皮下組織にまでダメージが及んでおり、毛穴周囲にも炎症が拡大している為、個人で行うケアで完治させるのはほぼ不可能であり、紫ニキビが改善された後も、ニキビ跡が残ってしまう可能性が非常に高いと言えます。

もし、紫ニキビが発症してしまった場合は、重症化が進行しないよう早急に対処するようにしてください。

紫ニキビの原因

紫ニキビは、誤ったケアによる肌への刺激や、放置によって進行する化膿が繰り返し行われる事によって発症します。

皮膚の奥深くに存在する「真皮層」や「皮下組織」、毛穴周辺の正常な肌にまで炎症が拡大した場合、それを改善するためにコラーゲンの元となる細胞が過剰に分泌し、やがて肌の改善に必要なかった大量の細胞は、体内吸収が間に合わず、肌表面を盛り上げ「しこり」となって残ります。

また、毛穴の奥深くまで及んだ傷からは出血が始まり、膿と混ざり合います。

こうしてできたニキビが紫ニキビとなります。

適切な治療を行った後でも、血液が沈着して肌内部に色素が残ってしまったり、火傷跡のような光沢したケロイドが長期間残ってしまう可能性があります。

紫ニキビの治療方法

紫ニキビに伴う炎症は、真皮層や皮下組織にまでダメージを与えています。

その為、ニキビ改善に最も重要とされるターンオーバーを改善しても、肌の新陳代謝が行われない、または肌を生まれ変わらせるために要する期間が非常に長い真皮層や皮下組織にまで炎症が拡大している紫ニキビには、非常に効果が薄く、クレーターとして跡が残ってしまう可能性が非常に高いと言えます。

ニキビの中でも最も重症化が進んでいる段階の紫ニキビは、医療機関でも早期で完治させるのが難しいため、長い期間、根気強く治療を行う必要があります。

その為、専門医の指示だけで治療を行うのではなく、それに合わせてエステティックサロンなどで肌表面の水分を保持し、バリア機能を向上させるケア、これ以上炎症を悪化させない為、抗炎症作用をもつ食品を適度に組み込んだ食生活などを実施し、すこしでも早く肌トラブルを改善できる自分に合ったケアを長期的に行ってください。

ニキビのステージ

ニキビといっても、細かく分類すると、6つに分けることができます。
対処法もニキビのステージによって変わりますので、自分のニキビの状態を知ることはとても大切です。

1微小面皰


肉眼では発見できないものの、毛穴がつまり、狭くなっている状態で、ニキビの最初期の段階になります。
角質層が柔軟性を失って、異常角化という状態になり、毛穴が小さく硬くなります。
すると、毛穴の出口が角栓(皮脂や角質)で塞がれ、毛穴詰まりが発生。皮膚が厚みを増し、毛穴が目立つ状態になっています。
肉眼で確認できるニキビになる前に、この段階ですべてのニキビの発生を抑える日々のニキビケアが非常に重要です。

2白ニキビ 閉鎖面皰


目に見えるニキビの初期段階で、皮脂の過剰分泌により毛穴が塞がり、皮脂が排出されず溜まってしまっている状態を、その色から白ニキビと呼びます。別名をコメド、閉鎖面皰とも言います。

3黒ニキビ 開放面皰


溜まった皮脂が表面に押し出されて酸化し、黒く変色したニキビを「黒ニキビ」を呼びます。

4赤ニキビ 丘疹(きゅうしん) 紅色丘疹


アクネ菌の増殖により、皮膚が炎症を起こして赤くなったニキビを「赤ニキビ」と呼びます。

5黄色ニキビ 膿疱 うみ


赤ニキビの炎症がさらに悪化して、膿が出たものを「黄色ニキビ」と呼びます。赤みがひどくなり、腫れて熱を持つことさえあります。

6紫ニキビ 嚢胞


最も重いニキビで、強い炎症を伴うものを、「紫ニキビ」と呼びます。

アクネ菌とは

ニキビの原因として挙げられるアクネ菌。しかし、アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)自体は、肌の常在菌で、誰の肌にも存在するもの。

ニキビのできやすい部位

皮脂がニキビの原因になるため、お顔や背中、お尻など皮脂を多く分泌される部位にできやすくなります。