menu
   
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス) | 銀座・新宿・池袋・恵比寿・横浜・名古屋・京都・大阪本町・福岡天神

       
【公式】ニキビ専門サロンoliss(オリス)銀座新宿池袋恵比寿横浜名古屋京都大阪本町福岡天神
       

おでこニキビの原因とスキンケア

 Category:ニキビの原因, ニキビケア Tags:, ,

おでこニキビ

おでこニキビおでこニキビは、20代から発症する大人ニキビではなく、学生の多くが悩む思春期ニキビが多発する傾向にあります。

また、広範囲に広がるうえに、治りにくいといった特徴をもっているニキビです。

大人ニキビが発症する可能性も低くはありませんので、原因を理解したうえでニキビケアを行いましょう。

おでこニキビができる原因

額は、顔の部分で比較的に皮脂分泌量が多く、外部刺激を受けやすい部分です。

その為、適切なケアや、外部刺激の対策をしっかりと行っていなければ、ニキビが発症し、直ぐに炎症を伴った赤ニキビへと悪化してしまいます。

そんな厄介なおでこニキビが発症してしまう原因は、以下のものが挙げられます。

1.ホルモンバランスの乱れ

皮脂腺を刺激する男性ホルモンが、ホルモンバランスの乱れによって、女性ホルモンより優位になってしまうと皮脂の分泌量が過剰化してしまい、毛穴が詰まりやすい肌となってしまいます。

特に、子供から大人へ心身ともに変化していく期間を指す「思春期」は、どうしても男性ホルモンが増加してしまい、皮脂分泌量が多くなってしまいます。

その為、思春期ニキビは、元々皮脂の分泌量が多い額に発症しやすいのです。

しかし、ホルモンバランスの乱れは、ストレスによる自律神経の乱れや、睡眠不足といった生活習慣の乱れが原因でも起こるため、大人になってからもおでこにニキビができる可能性は十分にあります。

2.髪の毛の刺激

おでこのニキビを隠す為に、前髪を被せる人が多くいるかと思いますが、これは返って発症・悪化させてしまう原因となってしまいます。

髪の毛は、外部に晒されている時間が長い上に、埃や細菌を付着させやすいので、ニキビを発症・悪化させやすいのです。

また、アルコールや樹脂などを含んでいるヘアーワックス・スプレーなどを利用している場合、更に肌への刺激を強める結果となってしまいますので、おでこニキビの症状が重症化している人などは、控えた方が良いでしょう。

常に、髪の毛がおでこに被らないようにするというのが理想的ですが、それが難しいという場合は、家にいる時間だけでも前髪を上げるといった対策を実施する事で、おでこニキビの改善・予防につなげる事が可能です。

3.洗髪料の洗い残し

しっかりと洗い流しているつもりでも、髪の毛の生え際や隙間は、シャンプーやリンスといった洗髪料が残りがちです。

多かれ少なかれ肌に刺激を与える成分が配合されている洗髪料は、洗い流しなどが原因で肌に長時間付着してしまうと、ニキビを発症させたり、炎症を引き起こす原因となります。

洗髪後に、すこし額がべた付く、ヌルヌルするといった状態だった場合は、洗い残しが発生している可能性が非常に高いので、洗髪料のすすぎを行う際は、洗い残しの事を意識して行うとよいでしょう。

また、洗髪料はなるべく肌に付着させないように行うのも、おでこニキビ対策に繋がります。

おでこニキビのスキンケア

おでこニキビが発症してしまう原因として最も多いのは、皮脂分泌量の増加です。

特に皮脂分泌量が過剰化する思春期におでこニキビが多発している方は、無駄な皮脂を落とすのに効果的な洗顔やクレンジングなどが効果的です。

一方、思春期ニキビとちがい、治りにくい大人ニキビが額に発症した場合は、髪の毛や洗髪料、紫外線などといった外部刺激の対策をしっかりと行うのが良いでしょう。

洗髪料の洗い残しは、すすぎを額の生え際から始め、こめかみ、後頭部の中心から左右後頭部へ移動するような形で順序を決めておけば、洗い残しを防ぐ事ができます。

また、すすぎは最低でも3分以上行うのが理想的です。

最初は面倒に思えるかもしれませんが、このような対策を継続的に行うことで、しっかりとおでこニキビを改善・予防することができます。